greeting staff

Jリーグが開催した平成5年、その年の8月に天竜川町に動物病院を開設して早いもので22年余が経ちました。

今の和田町に移転してからも、地域の皆様のご厚情に支えられ、この仕事を続けてこられたことは本当にありがたいことだとあらためて感じております。

またその間、日本獣医師会、日本動物病院協会(JAHA)、日本獣医臨床フォーラム(JBVP)、日本動物病院会(NAHA)など、多くの全国規模の団体・勉強会に参加し研鑽を積むことができました。

お誘いいただいた先生方、先輩方にも深く感謝申し上げます。

 

1980年代の好景気に支えられ現在まで、急速な成長を続けた日本の小動物医療は、近年、一定の成熟期を迎えつつあるように感じます。これまで、拡大する市場の要求に応じて、卒後教育を継続する、病院設備を拡充するなど様々な側面からホスピタリティの向上を目指し、より良い獣医療サービスの在り方を私なりに考えてまいりました。

しかしながら、4人に1人が65歳以上という本格的な少子高齢化社会を迎え、人と動物を取り巻く環境も獣医医療の事情もこれまでとは大きく変わろうとしております。

 

移りゆく現代社会の中で動物と一緒に暮らす皆様に、今、真に望まれる獣医療とは何なのか・・・

患者様それぞれのご要望に応じた獣医療サービスを充実させることは私たち臨床の場で働く者にとっての目標であり永遠のテーマだと思います。

皆様のご期待に、獣医師、動物看護師、トリマー、医療スタッフ皆のチームワークでお応えできるよう今後も務めてまいります。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

院長 浅木 直人