12月勤務医スケジュール

 

院長休診のお知らせ

12月13日(木)午後は院長休診となります。
当院をご利用の皆さまには大変ご迷惑をお掛けしますが、予めご了承ください。
よろしくお願い申し上げます。

当院には、腫瘍(がん)の診療や治療を得意とする日本獣医がん学会の腫瘍科認定医Ⅱ種がいます。

現在、わんちゃんやねこちゃんの寿命が伸び、腫瘍を患う子が非常に増えています。
身体にできるしこりには、炎症や過形成などといった腫瘍以外のものもあり、腫瘍かどうか、悪性か良性か、治療法は手術かお薬かなど、診断・治療は多岐に渡ります。
また、腫瘍を患う犬や猫の多くが年を取っているので、その子その子に合わせた診断・治療が必要になります。
豊富な知識と経験を持った獣医師の診療の元、しっかりとした診断と適切な治療をすることが治療後の幸せな生活を送るうえで重要です。
腫瘍(がん)の治療には3段階あります。

  1. 根治治療 治すことが可能な段階
  2. 緩和治療 完全に治すことはできないが、治療により、なるべく長い間腫瘍による不快感を取り除き、普段と同じ生活を送れるようにする
  3. 対症療法 腫瘍に対しては何もできないが、痛みを和らげたり、点滴をしたり、少しでも苦痛を和らげ、楽にする治療

治らない=何もできない、ではありません。
今までの経験から何かしらのお手伝いはできると思います。
一度当院にご相談ください。

診療時間
日祝
9:00~11:30
15:00~19:30

休診日:水曜日
日曜日・祝日 午後
午前の診療受付時間は11:30まで
午後の診療受付時間は19:30まで

アクセスマップ